他人のパソコンを遠隔操作でサポートできる!chromeリモートデスクトップ (リモートサポート)

他人のパソコンを遠隔操作でサポートできる!chromeリモートデスクトップ (リモートサポート) ネット関連

Windows 10 Proなどにはリモートデスクトップ機能が提供されていますが、Windows 10 Homeには提供されておらず、パソコン関連の質問等を受けた時に、他人のパソコンを遠隔操作してレクチャーできる方法はないものかと探っていた時期がありました。

調べてみるとChromeの拡張機能として、chromeリモートデスクトップがあることを知りました。今日は、chromeリモートデスクトップのリモートサポートの使い方を紹介していきたいと思います。

サポートを受けるには

サポートを受ける側のパソコンでChromeを開きます。

remotedesktop.google.com/support」にアクセスし、Googleアカウントでログインします。

ダウンロードボタンをクリック

“サポートを受ける”の右下にあるダウンロードボタンをクリックします。

「Chromeに追加」をクリック
「拡張機能を追加」をクリック

chromeウェブストアが開くので、「Chromeに追加」をクリックし、「拡張機能を追加」をクリックします。

「コードを生成」をクリック
アクセスコードを確認

「コードを生成」をクリックし、アクセスコードを確認します。

サポートを提供する側のパソコンにアクセスコードを5分以内で入力

サポートを提供する側のパソコンでも「remotedesktop.google.com/support」を開き、アクセスコードを5分以内で入力し接続をクリックします。(アクセスコードは1回限り有効です。)

尚、サポートを提供する側のパソコンでもGoogleアカウントでのログインは必要ですが、ブラウザはChrome以外でも構いません。

サポートを受ける側のパソコンで共有を許可します。

これで、サポートを受ける側のパソコンの画面が、サポート提供側のモニターにも出力されます。

サポートを提供する側のパソコンでは、モニターを通して、他のパソコンのファイルやアプリケーションにアクセスできるようになります。

サポート終了後は、「共有の停止」をクリック

サポート終了後は、「共有の停止」をクリックします。

参考: https://support.google.com/chrome/answer/1649523

コメント

タイトルとURLをコピーしました