FacebookやTwitterにURLを貼り付けても画像や説明文が意図したように表示されない時の対処法

SNS

こんにちは。職場と自宅でWEBサイトの管理をしているベジ(@bezybox)でございます。

皆さまは、WEBサイトのURLをFacebookやTwitterなどのSNSに貼り付けるとWEBサイトのタイトルや概要、画像などが表示されるのをご存じでしょうか。

WEBサイト構築時にOGPを設定しておかないと意図したようにSNS上で表示されません。OGP設定に関しては、ググってみると様々なWEBサイトやブログで説明してくれています。今回は、OGP設定がSNS上でうまく反映されない時の対処法を記しておきます。

OGP設定とは

OGPとはOpen Graph Protcolの略称で、FacebookやTwitter、mixiなどのSNSでシェアされた際に、そのページのタイトル・URL・概要・アイキャッチ画像(サムネイル)を意図した通りに正しく表示させる仕組みです。

引用:Facebook・TwitterのOGP設定方法まとめ|ferret

私のブログのURLをFacebookに投稿するとこのようになります。
URLのみの表示よりも視覚情報によりクリック率の上昇が見込めます。

FacebookでOGP設定がうまく反映されない場合

FacebookでURLを入力して投稿しても意図したようにOGP設定が反映されない場合があります。そのような時は、シェアデバッガーにURLを入力し、「デバッグ」ボタンをクリックします。それでもうまく反映されない場合は、「もう一度スクレイピング」を反映されるまでクリックしてみてください。Facebookに蓄積されたキャッシュが新しいデータに更新されます。

尚、まだ一度もFacebookに投稿したことのないURLの場合、Facebookにはキャッシュが存在しないため、下記のような画面が表示されます。

その場合は、「新しい情報を取得」ボタンをクリックし、Facebookに情報を読み込んでもらいます。うまく反映されない場合は、ここでも「もう一度スクレイピング」を反映されるまでクリックします。


WEBサイトにFacebookでのOGP設定で必須の項目であるfb:app_idプロパティが抜けていると修正が必要な問題として表示されます。

WEBサイト管理者は、こちらのページで新しいアプリを追加し、WEBサイトにアプリIDを追加しましょう。新しいアプリの追加は数年前までは、比較的容易に行えたのですが、2020.02.11現在では、プライバシーポリシーページのURLの入力が必須項目になっています。企業サイトならまだしも個人のブログでもプライバシーポリシーページが必要になってしまったようです。

fb:app_idプロパティは必須項目ですが、入れなくてもOGP設定は反映されます。

TwitterでOGP設定がうまく反映されない場合

Card validatorにURLを入力し、「Preview card」をクリックすることによりTwitterが情報を読み込みます。表示を確認してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました